さらさらな手になるために!手汗の悩みを解決しよう!

気になる手汗について

多汗症の人は基本的に汗が気になるとは思いますが、手汗は腋と同じか、時としてそれ以上に気になりますよね。
例えば、人に物を借りて返すときに、その物が手汗でべた付いてないかが気になったりしませんか。

 

手を動かせば手汗が落ちたり、握手は出来れば避けてしまいたくなるかもしれません。
また、子供であれば、学校でいじめにあってしまい、小さなうちから精神的な負担を負ってしまいます。

 

手の多汗症は手掌多汗症と呼ばれています。

>>多汗症には分類についてはこちら

 

 

この病気は軽度か重症かを計るためレベルを三段階に分けています。

レベル1 手が湿っている程度。触れば汗ばんでいることがわかる。
レベル2 手に水滴が出来ていて、遠くからでも汗と判別できる。
レベル3 盛んに水滴ができ、汗が滴り落ちる。

 

この基準を参考にして、身近にいて手汗を気にしている人や、自分自身が検査、または理療を受けるかの判断基準にしてみてはどうでしょう。

 

汗をかくことは生きるために必要なことですが、必要以上にはかきたくはありませんよね。
もし、手汗を改善する方法があったらあなたはどうしますか?

 

 

汗の仕組みについて学ぼう

暑いときや緊張したときなど、様々な場面で私たちは汗をかきます。
そもそも汗とはどのような仕組みでかくのでしょうか。

 

私たちが普段、汗をかくというときの汗は体のごく一部を除く、体全体に分布しているエリクソン汗腺から分泌されるエリクソン汗というものです。

 

エリクソン汗とは99%が水分で、残りの1%の固形物質は大半がナトリウムや塩素、つまり食塩なのです。
このエリクソン汗は匂いも色もなく、サラッとしていて粘り気もありません

 

汗は体温調整という役目をもっています。
暑いときや運動をして体温が上がった時、エリクソン汗は大量に分泌されて、その気化熱によって体温をさげます。

 

そしてもう一種類が、わきの下などの頭髪以外で硬い体毛が生えている所など、限られた部位にしか存在しないアポクリン汗腺です。
こちらの汗腺より分泌される汗をアポクリン汗と呼びます。
タンパク質、糖質、アンモニアなどを含み、性ホルモンに深く関係していて、特殊な匂いを発します

 

汗とは同じ汗腺からでているものではないのです。

 

暑くもないのに汗を多くかく人も病気の可能性があります。
だだの汗かきというだけではないかもしれないのです。
汗の病気のひとつである多汗症をご存知ですか?

 

汗とはもともと、体温調整をするために分泌される物ですが、暑くもないのに汗を大量にかいてしまう人は多汗症かもしれないのです。

 

しかし、本当に汗をかきやすいだけかもしれないですし、緊張をした場合に汗をかくことは誰にでもあります。
ですから、ちょっと汗をかきやすいと自分で思っても必ず多汗症というわけではありません。
逆に必要以上に意識しすぎて多汗症になることもあるそうですから、注意しましょう。

 

判断の難しい病気で、直接的な原因もはっきりとはわかっていません。

 

多汗症になぜなるのでしょう

 

 

 

手汗を治した後は…

汗をかく人の次なる悩みといえば・・・
ニキビですよね!
汗をかくことは新陳代謝を良くして、予防にもなっているのですが、その後の対処法を間違えてしまうとニキビがすぐにできてしまいます。
すぐにシャワーやウェットティッシュなどで身体を拭くように心がけましょう。
同じようにアトピー性皮膚炎の方も同様に清潔に保つようにしましょう。

 

また、最近ニュースなどでも話題となっているHIV(エイズ)。
もしかして…と気になっている人は是非検査してみて下さい。
今は自宅で検査出来るキッドもありますので、ぜひ活用してみてください。